FX・BYNARY・ドリファミ.com
FX・BYNARY・ドリファミ.com > バイナリーオプション > 【バイナリーオプション辞典】バイナリー業者国内と海外の違い

【バイナリーオプション辞典】バイナリー業者国内と海外の違い

国内バイナリーと海外バイナリーの違い

国内と海外の違いを見てみましょう!

f23085a6f2d5f7167d7459f7291ca8eb_s

・ペイアウト率

・口座開設にかかる時間

・短期取引の時間

・出金手続きにかかる時間

では1つ1つ細かな違いを詳しく説明します。

 

国内と海外の違いのペイアウト率

ペイアウト率の違い

国内業者の場合1.7倍〜2.0倍に対して

海外業者の平均は1.75倍〜5倍以上になる場合もあります!

これは海外業者のほうが取引方法も多く、色々な銘柄や取引内容があるのが大きく影響しています。

特にワンタッチ取引では予測させる事が難しいのでペイアウト率も高くなります。

※バイナリー業者によって違いはあります。

 

国内と海外の違いの口座開設

海外バイナリー業者を使うにあたってまず一番始めにすることは口座開設です。

国内業者の場合本人確認や現在の個人情報など色々手続きが大変です。

海外業者の場合はそういった手間がほとんどないので即日口座開設が可能です。

基本的な情報さえあれば最短1分で口座開設できる業者もあります。

 

短期取引の時間

最短取引時間が国内と海外の業者の最大の違いです!

2013年日本でバイナリーオプションの規制があり、国内業者は2時間毎の取引の規制になりました。

この規制は国内限定なので、海外業者は適用されず従来の短期取引が可能です。

規制後の動きとしては国内業者のトレーダーは海外業者に以降し、海外バイナリー業者への注目がましていっています。

出金手続きにかかる時間

出金手続きにかかる時間、海外業者のデメリットです。

国内業者であれば国内の銀行を通して出金ができるのですが、海外業者の場合は銀行が海外なので、出金手続きに時間がかかります。

出金時間の関係でよく海外業者で出金拒否が多いなど話題にあがるのですが、国内の感覚と同じではありません。出金手続きなどに時間がかかりそういった勘違いが多い事が多数あります。